認知症は早期発見|低血圧の症状に悩み続けている人はアルツハイマーになりやすい

低血圧の症状に悩み続けている人はアルツハイマーになりやすい

女の人

認知症は早期発見

レディ

増加する認知症患者

現代の日本は、若年層の減少と高齢者の著しい増加により超高齢社会となっています。長寿化は本来望ましい事ですが、高齢者の増加で最も懸念されているのが認知症患者の急増です。高齢者人口に占める認知症患者は年々増加の一途をたどり、もはや他人事ではないと言えます。認知症になると判断力低下や人格の崩壊など、社会生活に大きな支障があるだけでなく、親族や周辺環境にも多大な影響を与えるため個人的な問題とは言えません。近年では、認知症高齢者による交通死亡事故や行方不明者などが社会問題となっています。そうした認知症にも実は種類があり、それぞれの対処法が違うことをご存知でしょうか。認知症への正しい理解をすすめ早期対処が必要となります。

治療と周囲の理解を

認知症には大きく分けて脳血管型認知症とアルツハイマー型認知症があります。脳血管型認知症は、脳の虚血により脳の部分てきな機能が障害され緩やかに認知症が進行します。アルツハイマー型認知症の場合、脳の委縮による器質変化が原因とされ、脳血管型に比べ進行が速いと言われています。また、アルツハイマーは人格が大きく変化することが特徴的で、怒りっぽくなったり反社会的な行動をとるなど、周辺への影響が大きいとされています。脳血管型認知症の場合、血流促進などが効果的です。もちろん病院などで治療を受けるという方法もありますが、手軽に食事から気を使うという方法もあります。頭の血流良くするにはDHAが有効とされているため、普段の食事や、サプリメントなどで摂取を心がけるといいでしょう。また、アルツハイマーは生活習慣病の1つともされていますが、それ以外にも脂肪肝や高血圧と言ったように様々なものが生活習慣病として挙げられるのです。特に脂肪肝は肥満の人に多いとされています。しかし、タウリンが多く含まれている食材を摂取することで改善できるため、定期的に摂取するとよいでしょう。