腸内で生成される成分|低血圧の症状に悩み続けている人はアルツハイマーになりやすい

低血圧の症状に悩み続けている人はアルツハイマーになりやすい

女の人

腸内で生成される成分

サプリメント

大豆に含まれる成分である大豆イソフラボンは、女性ホルモンの代替機能を持っているため、多くの女性が活用してきました。しかし最近の研究で、単純に大豆イソフラボンを摂取しただけでは女性ホルモンの代替機能が発揮されない人がいることが判明してきました。大豆イソフラボンを摂取して効果を得られる人と得られない人の違いは、腸内にエクオール産生菌がいるか、いないかという点です。エクオール産生菌とは大豆イソフラボンをエクオールという成分へと変化させる細菌です。このエクオールが女性ホルモンの代替機能を担っているため、大豆イソフラボンのみを摂取してもエクオール産生菌が腸内にない人は、大豆イソフラボンの恩恵を受けることが出来ていなかったのです。そのため、最近ではエクオールを直接摂取することで、健康を保とうという傾向が強くなっています。

エクオールを摂取するのであれば、気軽に摂取できるサプリメントを活用すると良いでしょう。サプリメントであれば、外出先でも気軽に摂取できるので食生活が偏りがちな時期でもエクオールを安定供給できます。エクオールの一日摂取目安量は約10mgですが、1~2日で体外に排出されてしまうので、定期的に摂取する必要があります。毎日コツコツ継続して摂取しましょう。エクオールのサプリメントを発売しているメーカーはいくつもありますが、サプリメントを選ぶ際にはエクオールの含有量に注目しましょう。ボトルやパッケージの成分表記を確認して、1錠にどの程度含まれているのか確認することで、高濃度でエクオールが配合されているサプリメントを探しやすくなります。